イーサリアムとリスクを比較!どっちを購入する?

イーサリアムとリスクを比較!どっちを購入する?

Ethereum VS Lisk

イーサリアムとリスクはどちらも将来性が高くてどっちを購入するべきか迷いますよね。イーサリアムとリスクは異なる仮想通貨ですから、それぞれ違った特徴がありデメリットやリスクがあります。

はじめて購入する仮想通貨は特徴をしっかりと知っておかないと後々後悔することになりかねません。この記事ではイーサリアムとリスクの特徴を比較しメリットとデメリットを洗い出しました。購入する際の判断材料にしてくださいね。

イーサリアムとリスクで迷うなら分散投資がおすすめ

イーサリアムとリスクでどちらかを購入すべきか迷っている方には、イーサリアムとリスクで分散投資をすることがおすすめです。仮想通貨を購入するのならひとつの仮想通貨を大量に購入するのではなく、いくつかの仮想通貨に分散投資する方法がおすすめなのです。

なぜなら分散投資は仮想通貨が値下がりした際のリスクを抑えることができるからです。ひとつの仮想通貨を購入したほうが儲けることができるのではないかというイメージを持つ方もいると思います。私も以前はそうでした。

しかし、仮想通貨は価格がなかなか安定していないので集中投資はハイリスクになってしまいます。例えば、イーサリアムだけを100万円購入した場合とイーサリアムとリスクを50万ずつ買った場合で考えてみましょう。

集中投資か分散投資か

極端な例ですが次の日にイーサリアムの価値が半分になったとします。イーサリアムを100万円購入した人は50万円の損失ですが、分散投資をしてイーサリアムとリスクの両方を買った人は25万円の損失ですみます。

もちろんリスクの価値が半分になれば分散投資しているひとも50万円の損失になりますが、分散投資した仮想通貨が同時に半分も価値が下がるというのは考えにくいです。それに逆にリスクは2倍になるかもしれませんよね。

仮想通貨について知識のある方なら集中投資して上手くいく可能性もありますが、初めて購入する方やほとんどの方はやはり上手くいきません。

そのため仮想通貨の購入方法はまずは分散投資がおすすめなのです。その後、知識がついてきたら分散比率を上げていきましょう。

投資比率はリスクを多めにするのがおすすめ

リスク(isk)

イーサリアムとリスクで分散投資をするのなら、リスクを少し多めに購入するのがおすすめです。リスクはイーサリアムよりまだリリースされたばかりの仮想通貨です。そのため今後さらに価格が上昇する可能性がイーサリアムよりリスクにあります。

イーサリアムも出始めの頃は1ETHあたり26円でしたが、現在では9万円近くになっています。単純計算で3,500倍近くの上がり方です。

リスクも必ずイーサリアムのような上がり方をするとは言えませんがイーサリアムのように爆発的に値上がりする可能性を秘めています。リスクももともと1LSKが100円以下の価値でしたが現在では2000円ほどの価値があります。

1LSKあたりの値段が1ETHよりも購入しやすいので価値がもし倍になったとしたらもリスクはイーサリアムよりも恩恵を受けます。また、リスクはイーサリアムの改良版ともいわれている仮想通貨です。

仮想通貨の価格は不安定なので確実ではないですが、イーサリアムとリスクで分散投資をするのなら投資比率はリスクを多めにするのがおすすめです!

→bitFlyerの登録はこちら

イーサリアムの特徴と将来性

イーサリアムの知名度は高く時価総額は2位にもなるほど人気のある仮想通貨です。勢いのある仮想通貨なので将来的にはビットコインを抜くのではないかともいわれています。

イーサリアムは活用のしやすい仮想通貨として作られたのですが、マイクロソフトやトヨタなど世界的に有名な大企業がイーサリアムの活用する連合に参加しているのです。イーサリアムが実用化されればさらにイーサリアムの価格は上昇するでしょう。

スマートコントラクトという優れたシステム

イーサリアムには他の仮想通貨にはあまりない「スマートコントラクト」という機能があります。このスマートコントラクト契約を自動化させるシステムです。スマートコントラクトがあることによってイーサリアムでは仲介手数料なども必要ないので、低コストで仮想通貨の取引を行うことができます。

開発者が天才

イーサリアムの開発者はヴィルタリク・ブテリンという人物です。このヴィルタリク・ブテリンは「2017年世界で最も影響力があって50人」にも選ばれています。ちなみにヴィルタリク・ブテリンがイーサリアムを開発したのは19歳のときなんですよ。

これだけ世界的に注目されていて知られているヴィルタリク・ブテリンが開発したイーサリアムなので将来性がかなり高い仮想通貨といえるでしょう。天才ヴィルタリク・ブテリンがイーサリアムについてどんな動きをするのか注目が集まります。

イーサリアムの今後の課題

メリットがあって将来性のあるイーサリアムですが、今後の課題もイーサリアムにはあります。

セキュリティ面の課題

イーサリアムには過去にサイバー攻撃を受けたことによってファンドの暗号通貨が流出するという事件が起こりました。この事件が起きたときはブロックチェーンが発達途上であったためサイバー攻撃を受けたとのことでした。

流出事件が起きたことによりセキュリティシステムが強化されたようですが、まだ事件のイメージが懸念点になっています。流出事件が起これば当然セキュリティは以前よりも強化されているはずですが今後も起こらないとはいいきれません。そして、これはまだ事件が起きていない仮想通貨にもいえることです。

ですので私達自身でとれるセキュリティ対策を行うことが重要になってきます。セキュリティに関する自分でできる対策法として、ハードウェアウォレット使用する方法があります。ハードウェアウォレットを使用すれば取引の時に必要になる合言葉のようなものがネット上から引き離されるため不正流出を防ぐことができます。

発行上限数が決まっていない

イーサリアムには発行上限数が決まっていません。これがなぜデメリットになるのか不思議に感じる方もいるかもしれませんね。発行上限数が決まっていないのでイーサリアムにはインフレが起こり価値が低下する可能性があるのです。

簡単に手に入るものよりも珍しいもののほうが多くの方が欲しくなる魅力がありますよね。
ただ、発行上限数は開発者が今後発行される量を確実に減らすと言っているので大きく価値が下がる可能性は低いと思われます。


逆に発行上限数が決まれば価値があがる可能性もあるので買うなら早いほうがいいかも?

→bitFlyerの登録はこちら

リスクの特徴と将来性

リスクはイーサリアムの改良版といわれている仮想通貨です。そのためイーサリアムに使われているスマートコントラクトがリスクにも使われています。イーサリアムと同じ特徴もありますが、リスクだけにある特徴もあるのでチェックしましょう。

セキュリティ対策

イーサリアムにはないサイドチェーンという特徴がリスクにはあります。ほとんどの仮想通貨がひとつのブロックチェーンで起動しています。このサイドチェーンがあることによって、アプリケーションに問題が起きても開発者が直接コントロールすることができるのです。

また先ほどイーサリアムの課題でご紹介したように、イーサリアムは過去にサイバー攻撃を受けて流出する事件が起きました。リスクにはイーサリアムのような問題が起きてもしっかりと対処するシステムがあるのです。

そのためリスクは安心して利用することのできる仮想通貨といえます。

発行上限が決まっている

先ほどイーサリアムは発行上限が決まっていないとご紹介しましたが、リスクは発行上限が決まっています。そのためリスクはイーサリアムのようにインフレが起こる可能性は低いです。

リスクにはこれだけのメリットがあります。今後も価値が上がる可能性がある仮想通貨ですリスクを購入しようか迷っている方には今購入することがおすすめですよ。

リスクの今後の課題

イーサリアムの改良版ともいわれるリスクは将来性のある仮想通貨ですが課題点もあります。

やはりイーサリアムと特徴が似ているので、リスクが今後さらに大きく価値を上げるにはイーサリアムを抜くような材料がないといけません。イーサリアムといえばビットコインに次ぐほどの人気がある仮想通貨です。

リスクが今後価値を上げるにはイーサリアムとの違いを作る必要があるでしょう。しかし、リスクはリリースしてから右肩上がりに成長しているので、イーサリアムをもし抜かなかったとしても今のうちに購入しておけば美味しい思いができそうですね!

仮想通貨の購入額はまず少額から

イーサリアムとリスクで分散投資を始めるのなら、購入額はまず少額から始めることがおすすめです。少額から始めた方がいい理由はいくつかあります。まずやはり仮想通貨の価値は不安定だという点があります。

これは自分の力ではどうしようもありません。何も知識が無い状態で大金を投資してしまうと、無くなってしまったときに大ダメージを受けてしまいます。また始める金額が少額でも長期的にみれば価値は上がっていく可能性は高いです。

そのため投資金額が少額でも将来性のある仮想通貨に投資すればしっかりと儲けることができます。まず始めるときは1万円など失ってもダメージが少ない金額から始めることがおすすめです。知識が増えたり価格が上昇傾向になってから投資金額を増やすようにしましょう。

イーサリアムとリスクを購入するならbitFlyerがおすすめ

bitFlyerロゴ

イーサリアムとリスクを購入するのなら取引所はbitFlyerがおすすめです。テレビCMを仮想通貨業界で初めて放送した取引所として有名ですね。bitFlyerのテレビCMを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

取引所を利用するときにセキュリティ面が気になるかと思いますが、bitFlyerは万全のセキュリティ対策がされている取引所です。ログインするときには2段階認証だったり自動タイムアウトだったり、ウイルスハッキング対策も強化されています。

その他にもセキュリティ対策に関していろいろなシステムがあるので、国内で一番安心して利用することができる取引所なのではないでしょうか。また不正ログインによって不正出金が起きても最大500万円の補償がされています。

不正出金の損失補償サービスがある取引所はbitFlyerだけです。これらのことから仮想通貨を始める方にはbitFlyerがおすすめです!

→bitFlyerの登録はこちら

リスク分散の為に取引所は最低二つ登録しておこう

リスクを分散するために2種類の仮想通貨を購入するだけではなく、取引所を最低二つ登録することがおすすめです。取引所を一つに集中させることはいくつかのリスクがあります。

2014年にMt.GOX事件という事件が起こりました。これはMt.GOXという取引所のCEOが仮想通貨を横領した事件のことです。この事件によりMt.GOXを利用していたユーザーの資産は消えてしまいました。

またサイバー攻撃を取引所が受けたことによって不正流出した事件も起きました。これらの事件が起きたときに利用している取引所で資産が集中していると、一気に資産が無くなってしまいます。

このようなリスクを分散させるためにも取引所は分散させる必要があるのです。BitFlyerの他に取引所を増やすのならZaifとGMOコインがおすすめです!

Zaif

Zaifは手数料が他の取引所に比べて圧倒的に安くなっています。またZaifには他の取引所にはないZaif積立コインという仮想通貨を積立することができるシステムがあるのです。

積立コインができることによって忙しい方でも簡単に仮想通貨を始めることができます。

→Zaifの登録はこちら

GMOコイン

GMOコインとは取引所ではなく販売所です。販売所には取引所より手数料が高いというデメリットがあることで有名です。しかし、GMOコインは手数料が取引所のように低いので手軽に取引をすることができます。

仮想通貨を始めるときはぜひ取引所を最低二つは登録し、リスクを分散させてくださいね!

→GMOコインに登録する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする