主婦がリスク(LSK)を購入したほうがいい3つの理由

主婦がリスク(LSK)を購入したほうがいい3つの理由

リスク(isk)

仮想通貨のリスク(LSK)がbitFlyerに上場され話題になっていますね。リスクの上場bitFlyerが発表した日にはなんと価格が約60%も上昇しました。仮想通貨の中でも特に注目度の高いリスクですが、実は主婦が購入するのにおすすめな理由が3つあるのです。

将来性、セキュリティ面、独自システムといった観点から一つずつ順に主婦になぜリスクがおすすめなのかをご紹介します。

>>リスク(LSK)の購入はbitFlyerから

リスク(LSK)の購入理由理由その1:高い将来性

「リスク(LSK)」にはJavascriptが採用されており、多くの人がそのサービスや技術の向上に携わることのできる環境にあります。どんなに性能が良くても、また革新的な技術を持っていたとしても、その仮想通貨のネットワークを広げていくためには開発者の存在は不可欠です。

ネットワークを拡大するために必要な技術を持った人が世界中にいるわけですから、参入もしやすく、今後のさらなる拡大が期待できます。「リスク(LSK)」は2016年の5月に誕生したので比較的新しい仮想通貨です。そんな「リスク(LSK)」ですが、2017年から大きく値上がりしているのです。

2018年の1月には大手の取引所であるbitFlyerに上場を果たしましたが、リスクの上場をbitFlyerが発表した日にはなんと価格が約60%も上昇しました。これからさらに普及していくことが大いに期待できるのが「リスク(LSK)」なのです。

>>リスク(LSK)の購入はbitFlyerから

リスク(LSK)の購入理由その2:セキュリティ面の充実

「リスク(LSK)」はサイドチェーンという技術を利用しています。ネムの流出の際はハッキングされたということでメディアを賑わせていました。対してリスクはサイドチェーンという技術を使うことによりハッキングされた場合でも、回復がしやすくなります。

また、開発のアップデート頻度が高く、他の仮想通貨に比べてセキュリティに重点を置いているというメリットもあります。サイドチェーンを使うことで承認のスピードが劇的に早くなっているという点も見逃せないポイントです。

取引所

さらには、スマートコントラクトを採用している点も「リスク(LSK)」をおすすめする点の一つです。スマートコントラクトはプログラミングで契約を自動に行うという技術です。契約の改ざんや契約を無視するといったことができないようにプログラミングされており、この点でも大きな注目を集めています。

契約締結の際に生じる様々な問題も自動で行われることや不正な取引が行われにくくなるなど、今後の価値観が変わるような革新的な技術が、このスマートコントラクトなのです。仮想通貨はネット上で扱うことがほとんどなので、セキュリティ面がしっかりしていることが一番重要といっても過言ではありません。

リスクの購入理由その3:システムの今後の発展性

「リスク(LSK)」は開発言語にJavascriptを使用しています。Javascriptは多くの開発者にとって馴染みのある言語です。

それだけではなく、Javascriptは現在私たちの身の回りにある様々なネット環境にも使われており、身近な製品やサービスとも親和性が高いということです。ということは、既存の製品やサービスとの融合性も高く、今後「リスク(LSK)」と結びついたサービスが増えていく可能性もあると言えるでしょう。

サイドチェーンを採用していることで、過去の修正も可能になりました。お金の流れにバグが生じたときなどにも柔軟に対応できます。これは他の仮想通貨にはあまり見られないメリットといえます。

リスクは今が購入時期

liskの購入時期

多くのメリットがあり、将来性も高い「リスク(LSK)」は今が買いどきです。「リスク(LSK)」は頻繁にアップデートが繰り返されており、世界中にそのサービス向上のサポートをしてくれる開発者たちがいます。

何かトラブルがあった時に対処してもらえる可能性は高いと言えるでしょう。現にインドの取引所でも上場したり、開発キットを配布したりと目新しい取り組みなどもどんどん行われています。今もっとも注目されている仮想通貨の一つが「リスク(LSK)」なのです。

これからさらに価格が上昇する可能性があるため、購入するならば今がおすすめです。仮想通貨の良いところは隙間時間にできること、そして少額からの購入が可能な点です。興味を持ったら、ぜひ小さな額からでも購入してみることをおすすめします。

リスクを扱っている国内取引所はbitFlyerとcoincheckがあります。Coincheckはネムの不正流出騒動が片付いていないことからbitFlyerから購入することをおすすめします。

>>bitFlyerの登録はこちらから

リスク(LSK)ってどんな仮想通貨?

仮想通貨といえば、ビットコインが有名ですね。または最近ニュースで話題のネムなんかもあります。今回おすすめする仮想通貨「リスク(LSK)」にはどんな特徴があるのでしょうか。大きく分けて、「リスク(LSK)」には以下の3つの特徴があります。

・JavaScriptを開発言語に使用している
・サイドチェーンを使っている
・発行枚数の制限なし

JavaScriptを開発言語に使用している

JavaScriptという言葉を聞いたことはあるでしょうか。パソコンやスマホだけでなく、最新の家電にも使われている開発言語の一つです。世界中に存在する多くのエンジニアがJavaScriptを用いて技術の開発をしているわけですが、「リスク(LSK)」も、このJavaScriptを開発言語に使用しています。

つまり、多くの人にとって身近な開発言語を使用しているため、これからもたくさんの技術者が「リスク(LSK)」の開発に参加することが予想されるのです。そうすると、より良い流通やサービス向上が見込まれるといえるでしょう。

サイドチェーンを使っている

仮想通貨はインターネット上のお金なので、目に見える形での実態はありません。しかし、どんな流れでどこの口座に送られたのかといった足跡を残すための「台帳」は存在します。

これがブロックチェーンと呼ばれる技術なのですが、「リスク(LSK)」はサイドチェーンと呼ばれる技術も一緒に採用しています。ブロックチェーンも革新的な技術ですが、サイドチェーンはさらにその性能を上げています。

例えば処理速度の向上や、柔軟性が高いなどの特徴があります。また、過去に遡って情報の修正をすることができるといった特徴もあるのです。パソコンやインターネットにはどうしてもバグはつきものですが、そういった情報の修正も後から加えることが可能です。ブロックチェーンでは不可能なので、これが大きな違いですね。

発行枚数の制限なし

例えばビットコインの場合、その発行枚数に上限があり約2100万枚と決まっています。ビットコインはすでに約1700万枚が発行されていて、4年毎に発行枚数のペースが下がっていきます。このようにビットコインは有限なので価値が高まり、そしてインフレの心配が少ないです。

対してリスクは発行枚数に制限はありません。無制限に発行されてしまうので、リスクは極端なインフレを起こし将来的に価値が一気に下がってしまうのでしょうか?

答えはノーです。発行数は無限ですがリスクの発行枚数は毎年減っていきます。ビットコインは4年毎にペースが減っていきますが、リスクは毎年発行のペースが減っていきます極端なインフレが起きないように対策が取られていることから発行枚数が無限というせいで一気に価値が下がる可能性は低いといえます。

>>リスク(LSK)の購入はbitFlyerから

リスク(LSK)の課題点や今後の懸念

スマートコントラクトの採用により契約の改ざんができないという点は、メリットであると同時にデメリットになる可能性も含んでいます。例えば何らかの事情で契約締結後にその内容を変更しようとしても難しい場合があります。

契約はプログラムで自動に行われるということは、バグが発生する可能性も否めません。そういった時にハッカーに攻撃されると致命的な問題になってしまうことも考えられるのです。もちろん、この点は今後改善されていくことが予想されますが、現時点ではこういった問題があることだけ念頭に置いておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする